コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

ホットアップルサイダーを飲んで、体を温めよう!

      2017/01/29

b834fe98270cdacc5c012b20edae0a56_s

肌寒くなると、飲みたくなるものがある。

それは、アップルサイダー(Apple cider)。

炭酸入りりんごジュースのこと?いえいえ。炭酸は入りません。

温めたりんごジュースです。

アメリカでは、秋の風物詩のひとつとして、飲まれるポピュラーなホットドリンクです。

スポンサーリンク

アップルサイダーのこと。

(『Mulled Apple Cider』By Food Ease TV)

私が初めて飲んだのは、もうずっと前。スターバックスのメニューのひとつでした。

温めたりんごジュースに、シナモンのフレーバーが入り、ホイップクリームとキャラメルソースがかかっていて……

それまで、温かいりんごジュース(それもホイップクリームまでのっている!!)とは縁がなかったもので、それはそれはびっくりしました。

その記憶がなぜか、街が秋色に色づいてくると、突然思い出し、無性に飲みたくなるのです。

今はもうスターバックスでは販売していなくてし(海外にはありますよ!)。

味の記憶を呼び起こしながら、自分で作るようになりました。

りんごジュースは透き通った方を選んで使います。

私は酸味があってスパイシーな味が好きなので、シナモンたっぷりでレモンも加えて酸味を付けます。りんごジュースは沸騰寸前まで温めてます。

家ではホイップクリームは付けませんが、もし付けるなら無糖のものを付けます。『飲むアップルパイ』みたいで、美味しいですよ。

あんなに個性的なイメージだったアップルサイダー。今では、秋を感じさせてくれる大切な存在です。

*知らない方に想像してもらいやすく、『アップルサイダー=りんごジュース』 のような記載をしていますが、細かい事(国によって定義が違う)を言うとイコールではないのですが、私のブログでは省略致します。

スポンサーリンク

りんごのこと。

りんごジュースだけでなく、りんご自体、日本人にとっては身近な果物ですよね。

実家にいた頃は、『医者いらずの果物』と言われるからか、旬になると毎日のように食後のデザートに食卓に並んでいました。
ただちょっと苦手だったんです。なぜならうちのりんごは……塩水に付けてあったから!笑

りんごの変色を防ぐためなのは頭ではわかっていたのですが、どうしても塩味のりんごに、食指が動かない。(おばあちゃん、ごめんね……)

でも、ペクチンの働きで胃酸のバランスを整えたり、カテキン効果で抗酸化作用があったりと栄養価は高い。りんご本来の味も好き。なので、今は食べる直前に剥いて食べるを徹底しています!笑

うちは塩だったけれど、砂糖・はちみつ・レモンなどでも酸化は防げるようですね。

そういえば、給食で出ていたりんごは、冷凍されていたっけ。

酸化を防ぐためだったのかな?でもとても美味しかった記憶があります。今度やってみようっと!

りんごと言えば、アップルパイ!な話は、長くなりそうなので、次に書きます!

Sponsored Link

 - L:食材・料理関連