コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

「ちかえもん」第5話感想とストーリー。お初の過去が明らかに!

      2017/01/28

NHK木曜時代劇『ちかえもん』第5話が放送されました!

このドラマを復習したい方は、こちらの記事もぜひご覧ください♡

スポンサーリンク

ちかえもん第5話『標的(ターゲットは、)忠右衛門』感想とストーリー

FullSizeRender 3

徳兵衛の純粋な思いとは裏腹に、お初の過去が明らかになる!

喜里の読む『出世景清』を聞いた万吉は、以前お初が木に縛られていた時に歌っていたものと同じことに気がつく。

同じ頃、九平次はお初に「お前は徳兵衛に惚れているのではなく、標的は父親の方だろう?」と聞かれていたが、そんなことはないとごまかした。

でも九平次はお初の過去を調べた上で発した言葉で、お初が忠右衛門に仇討ちしよう企んでいると思っている。

二人で手を組もうと誘われたお初だったが、自分の手で平野屋忠右衛門に仇討ちすると九平次を冷たくあしらう。

(書くことに飽きてきたのか)ふざけたモノばかりを書くちかえもんに、母・喜里はまともなものを書く気がないなと呆れる。

万吉もまた、ちかえもんの本を便所紙にしようとしたり。笑

お初が『出世景清』を知っていることを嬉しく思ったちかえもんは、天満屋に行ってお初に話しかける。

すると「人形浄瑠璃なんて見たことない!」と怒ったように言い放ち、その場から立ち去る。

実は幼少の頃、お初は『出世景清』の人形浄瑠璃を見たことがあった。

それを思い出していると、徳兵衛がお初に会いに来て、お初と一緒になることを真剣に考えていると伝える。

天神の森に咲いていた梅を手渡し、梅が散るまでにそこへ行って天神さまに夫婦として認めてもらおうと話し、仕事に戻る徳兵衛。

帰るとすぐに忠右衛門に呼ばれる徳兵衛。

父に酒を勧められながら、江戸の寿屋の娘と結婚するように、それが後継としての役目だと言われるが、反発する。心に決めた人がいると忠右衛門に伝えると、世迷い言だと相手にされない。

ちかえもんはお袖にお初に怒られた話を愚痴っていると、遊女は過去に何かあった女がほとんどだから、言いたくないのだろうと諭される。

それを聞いて納得するちかえもん。

厠に立ち上がると、義太夫がちかえもんは来てないかと天満屋の主人に尋ねているところを見てしまい、そーっとその場から逃げ出す。

お袖がちかえもんを探していると、隣の部屋からお初が倒れるように出てきたのを助ける。

何があったの?と尋ねるお袖だったが、答えなず反発するお初だった。

探す義太夫から逃げていると、お初が寝ている部屋に迷い込んでしまったちかえもん。

背を向けたままのお初は、お袖が入ってきたと勘違いし、ちかえもんの前で自分の生い立ちを話し出した。

忠右衛門に仇討ちする話までを聞いてしまったちかえもんは、その場から立ち去ろうとするとそこへ入れ替わりにお袖が入ってくる(何も知らずに…)。

別の部屋では、義太夫が万吉に語りを披露していた。

今ちかえもんを探し回っているのは、竹本座を閉めてしまおうと考えているから、もう無理して書かなくていいと伝えようとしていたと万吉に話す義太夫。

その頃ちかえもんは、お初の話を聞いて相関図を作り、どんな展開をして書いたらいいのかと悩んでいた。

その様子を万吉が見ていて、全てを知ってしまった。

そしてちかえもんを連れて、平野屋忠右衛門の元に出向き、猿の刻に天満屋に来るように言う。

それを聞いて了承する忠右衛門(その話を女中が陰から聞いていた)。

天満屋に行き、お初に話を聞いてしまったと正直に話すちかえもん。

万吉はお初に「仇討ちしちゃえ!」と明るく話すと、ちかえもんが怒る。

出世景清の話とお初の気持ちを重ねて見ていた万吉は、お初がかわいそうだと涙を流し、お初が心から笑うためならとちかえもんに話す。

ずっと二人の話を聞いていたお初は、お礼を言い万吉から不孝糖と刀をもらい、忠右衛門の出方次第でどうするかは決めると伝える。

スポンサーリンク

出世景清とは?

近松門左衛門が書いた傑作浄瑠璃で出世作。仇討ちの話で、当時とても人気があった。

以下、ドラマでちかえもんが語った『出世景清』のあらすじです。

主人公は平家の残党、悪七兵衛景清。

狙うは憎き仇、源頼朝。

しかし景清、仇討ちの企みがばれ、追われる身に。

身を挺して景清をかばう妻、小野姫(おののひめ)。

その父、熱田大宮司(あつたのだいぐうじ)。

景清の恋人、阿古屋(あこや)。

その兄、伊庭十蔵(いばのじゅうぞう)。

源氏の悪漢、梶原源太。

一筋縄ではいかん連中で繰り広げられる、波乱万丈の傑作仇討ち。

(ドラマの中では、映画の番宣のような紹介でした!笑)

さあ、この後忠右衛門のとお初、そして話を聞きつけた九平次たちが天満屋に集まります!

一体どんな展開になるのか、楽しみですね!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!