コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

「お義父さんと呼ばせて」第5話感想とストーリー。葉理男の趣味から保の浮気がバレる!?

      2017/01/28

父親と同い年の男性と結婚したい年の差婚を面白く描いたドラマ『お義父さんと呼ばせて』の第5話が放送されました!

このドラマを復習したい方は、こちらの記事もぜひご覧ください♡

第5話「お義父さん、自分に正直に生きてますか?」感想とストーリー

2b5d846395dcaa6db61be7e112d0993a_s

ある夜、後輩の小松川と飲んでいた保は、葉理男の部屋で見かけた写真の女性(葉理男の彼女と思っている)を見かけ話しかける。

嬉しそうに話す保に背を向けたまま顔を見せないようにしているが、ふとした瞬間横顔を見たら葉理男に見え、その女性は慌てて逃げ出す。

翌朝、昭栄に呼ばれ保が家に来ると知って慌てる葉理男。

そう、昨夜の女性は葉理男が女装した姿だった。

気づかれたかもしれないと思っている葉理男と保は、お互いぎこちなく挨拶をすませる。

保は「大丈夫、誰にも言わないから」と言うと、頭を下げてお願いする葉理男だった。

スポンサーリンク

辞表を出す葉理男

金欠の保は、美蘭の作ってくれたお弁当を食べていると、ちょうど美蘭から電話がかかってくる。

葉理男が会社に辞表を提出したという話だったが、その原因が保にあると言われ慌てる。

美蘭が家に帰ると、紀一郎と静香は心配して葉理男に質問攻めにしていた。

「たもっちゃんが原因って…?」って尋ねると、原因というよりはきっかけだと答え、その場からいなくなる。

紀一郎はまた保を目の仇にし始める。

翌日、保と美蘭は公園でランチをしながら葉理男の話をする。

先日花澤家を訪れた際、葉理男と何か話してたよね?と尋ねる美蘭に、これだけは絶対言えないと拒む保。

そして自分が説得し、辞表を撤回すると美蘭と約束する。

会社に戻る帰り道、車から紀一郎が降りてきて、葉理男に焚きつけたんだ!?と難癖をつける紀一郎。

家に帰ると、保をこれで本当の敵になると静香に伝えるが、本気で家族と向き合ってくださいと言われる紀一郎は静香の話をまともに聞こうとせず、葉理男の立場のことばかり心配する。

保は偶然ビルから出てきた葉理男と出くわすが、逃げられて追いかける。

葉理男と二人バーに入り、いろいろ話を聞く。

今の会社にいたくないと話す葉理男にその理由を尋ねるが、言いたくないと話そうとしない。

葉理男が女装するようになったきっかけ

大学の学祭の時、ふざけてやった女装の呼び込みから病みつきになってしまったと言う。

会社でストレスが溜まった時に女装すると、別人になったみたいに気分がすっとすると保に話すと、理解をしてくれる保。

それでもこの事は誰にも知られたくないと話す葉理男の気持ちを汲んで、誰にも言わないから安心してと伝えてあげる。

帰り道、辞表を提出したきっかけが自分だというのはどういう事?と尋ねる保に、バレンタインの時のタキシード姿の写真を見た葉理男は、素直でいいなとうらやましくなったと話す。

保はこの事をどう家族に説明しようかと悩む。

そこに仕事の電話がかかってきてしまい、対応している間に葉理男はいなくなっていた。

紀一郎の勘違いが葉理男を傷つけ、保に浮気の疑いがかかる!?

花澤家では、紀一郎が葉理男の帰りを夜遅くまで待っていた。

葉理男をダイニングに呼び、実はコネ入社だったと打ち明ける紀一郎(葉理男が周囲との実力の違いにやっていけなくて退職を選んだと思っていて、見当違いの話をし始めてしまう)。

それを聞いてショックを受ける葉理男(静香が紀一郎の後ろで「やっちゃったよ…」という顔をしていたのが面白かった!笑)。

それを聞いて、余計落ち込む葉理男に会社の同僚から連絡が欲しいというメールが入る。

スポンサーリンク

真里乃がある動画で、女性に抱きつく保の姿を見つけてしまい、それを美蘭に見せてしまう。

またその動画を静香にも見せてしまい、静香は出かけていく。

その行き先は、保の家だった。

葉理男が辞表を出した心当たりを尋ねる静香にも、答えられないと話す保。

花澤家では、静香が出て行ったと勘違いをしている紀一郎と、保が浮気していると勘違いしている美蘭がお酒を煽るように飲んでいた。

翌日、葉理男以外は法事に出かけた花澤家。

その隙に葉理男を訪ねてくる保。

先日会った時に、葉理男が言いかけていたことが気になっていたと話す保に、会社の同僚に女装を見られ、いつ笑い者にされるかと怖くなって辞表を提出したと打ち明ける。

それを聞いて、自分を否定されるのがそんなに怖いんだね…と言う保。

そして、自分が好きならそれでいいじゃん、かっこ悪い自分も含めて自分じゃんと葉理男に話してあげる。

家で女装をしていると…!

誰もいない花澤家で、女装する葉理男。

するとそこに昭栄が帰ってきてしまう。

とっさに隠れた葉理男だったが、保が女を連れ込んでいると勘違いされてしまうため、女装のまま昭栄の前に現れビックリされる。

昭栄は話を聞いて、納得してくれる。

そうこうしているうちに、みんなが帰ってきてしまい、昭栄と手を組んで女装した葉理男をかくまってあげる。

紀一郎と(浮気していたと勘違いしている)美蘭に、勝手に家に来ていることを責められるが、葉理男の話が決着したら、すべて解決するとだけ話す保。

そして、殻に閉じこもっている葉理男を家族だけはカッコつけずにありのままを受け入れてあげるようお願いする。

紀一郎の勘違いが甚だしく話が前に進まないため、保は隠れている葉理男を大声で呼び出す。

すると女装したままみんなの前に出てきた葉理男。

その姿を見て驚く花澤家の人々。

紀一郎と静香に謝る葉理男は、これからは自分と向き合ってみると伝える。

まとめ。第6話はどうなる?

葉理男が本音を告白しても、最後まで紀一郎は怒っていましたが、葉理男にとっては一歩自分らしく生きていけるきっかけになり良かったですね!(同僚も同じ趣味があって、連絡くれてたみたいだし)。

最後まで笑いが絶えないドラマだと思うので、今後も楽しみにしたいと思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

遠藤憲一さんが出演していたNHKドラマ『逃げる女』も最終回を迎えました!

とても人気があったので、よろしければこちらの記事も読んでみてください♡