コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

「お義父さんと呼ばせて」第8話の感想とストーリー。保に隠し子が!?

      2017/01/28

フジテレビ火曜22時から好評放送されているドラマ『お義父さんと呼ばせて』第8話が放送されました!

こちらのドラマも終盤、最後にはちゃんと保と美蘭の結婚は、許してもらえるのでしょうか!?

このドラマを復習したい方は、こちらの記事も御覧ください♡

第8話「お義父さん、女の寂しさに気づいていますか?」感想とストーリー。

2b5d846395dcaa6db61be7e112d0993a_s

保に別の女性の影が!?紀一郎は気が気じゃない!!

ある日の朝、保をじっと見ている紀一郎(瞬きもせず、保を見つめる紀一郎)。

美蘭は「未来の花婿を見る目だよ」と浮れるけど、保はイマイチつかめない。

出勤前、知らない携帯番号から不在着信があることに気がつき、かけ直すと、保を「ターくん!」と呼ぶ声を聞いて、動揺する(その様子を玄関から見つめる紀一郎。笑)。

紀一郎は、気になることがあり保のマンションに出向き、チャイムを鳴らすが誰もでてこない。

「気のせいか…」とつぶやきながら帰るが、中には「ターくん」と呼ぶ女性がいたことは知らない。

紀一郎はまた砂清水に調査を依頼。

でも全然信用できないからと、補佐の愛(紀一郎に好意を寄せている)も付ける。

スポンサーリンク

保が子供といるのを目撃する紀一郎!

仕事帰りの車中、念のためと自分に言い聞かせながら、保のマンションに向かう紀一郎は、小学生くらいの子どもと手をつなぐ保を偶然見かけてしまい、唖然とする。

保はその子供といる時に、美蘭から挙式の場所のことで電話がかかってくるが、これから商談があると言い、電話を切る。

女性は、保の元恋人・葉子だった。

今は結婚しているが、旦那のDVから家出をし、たまたま10年前に使っていた保のマンションの合鍵が使えたことでかくまってもらっているのだ。

今の状況を美蘭には話せないと言う保に、葉子は謝った。

保は会社の後輩・千代と一緒にいるところに、砂清水登場。

砂清水は、千代に保の情報が知りたいと言っただけなのに、本人がいることに動揺する(恋している千代は、愛の存在にヤキモチ焼いていて、聞かない。)。

愛の作戦変更で、ワイン入りのカクテルを飲まされてしまう保は、へべれけに酔っ払ってしまう。

保に隠し子がいる!?乗り換えられちゃうと不安がる美蘭

紀一郎と美蘭が食事して戻ると、保たち4人が花澤家にやってきていた。

酔っ払う保を解放していると、スーツのポケットから葉子の名前の書いてある保護者証が出てきて、不安になってしまう美蘭。

翌朝もまた、紀一郎は保を見つめる(凝視する)が、今日は美蘭も保に隠し子がいるのかもと疑いの目を向けていた。

美蘭は会社に行っても仕事に身が入らず、千代に電話をすると、仕事の話を保の隠し子の話と勘違いをしてしまう。

保は市議との商談で、横浜埠頭に来ていた。

それを砂清水から聞いた紀一郎も出向くと、保が急に走り出した。

その姿を見て逃げ出したと思い込んでいる(本当花澤家はみんな思い込みが激しい…笑)紀一郎は、保の後を追って猛ダッシュ(それが初回のシーンですね!!!)。

立ち止まった保に殴りかかる紀一郎。

誤解だと必死で止める保。

葉子は10年前に保をフり、一流商社に勤める男と結婚して子供ももうけたが、離婚話になり暴力を振るうようになった夫から逃げて保のところに来たのだと説明をする保。

そんな話信じられないと保を責める紀一郎は、お前の顔など二度と見たくないとその場を立ち去る。

その頃、美蘭は保のマンションを訪ねて行くと、葉子が保のマンションに入っていくところを目撃してしまい、唖然とする。

保は商談が成功し、接待で帰宅が深夜になるのも(花澤家の人たちに)悪いから近くのホテルにでも泊まると美蘭に連絡をするが、保を疑ってしまう。

真里乃が帰宅すると、急に泣き出す美蘭だった。

スポンサーリンク

接待が終わると、葉子から電話がかかってくる。

子供のママ友がアパート経営をしていてそこに入居できることになったと報告する葉子。

それを聞いて喜ぶ保に、相変わらず優しいねと褒める。

葉理男に今回の話の相談をする美蘭だったが、いつもの調子ではなく、本当に自分の好きな人に好きな人がいるというのはなんだか寂しいと話す。

葉理男は、まだ何の確証がないんだから確かめて、逃げるなと、美蘭を励ます。

翌日、リフォーム業者がマンションに来るから立ち会ってほしいと葉子にお願いする保。

葉子のDV夫が、居場所を突き止めたようだと不安がる葉子に、子供の迎えは自分が行くと話すが、紀一郎に保護者証を取り上げられてしまい、持っていないことに気がつく。

紀一郎に電話をし、子供の迎えをお願いするが、興奮している紀一郎は断るが、その保護者証がないと迎えに行けないから絶対行ってください!と言い、電話を切る。

美蘭は勇気を出して、保のマンションに出向くと掃除をしていた葉子で鉢合わせする。

美蘭が話しかけると、葉子はリフォーム業者の者だと嘘をつき、美蘭を部屋へ上げる。

葉子は過去の保の話をし、美蘭と出会ってから笑うことが多くなったと話す。

葉子は美蘭に頭を深く下げ、マンションを後にした。

紀一郎は葉子の子供を迎えに行き、保のことを友達だと話すのを聞き、子供がいたからマンションを貸してあげたんだと悟った。

まとめ。最終話はどうなる?

その頃、葉理男は母・静香の言動が怪しく、SNSをチェックしてみると、横浜中華街で楽しそうにしている姿をアップしているのを発見。

いつこんなところで遊んでいるのかと不思議がる。

紀一郎に電話するが、全く信用しようとしないが、静香の一言を思い出し、早めに帰宅する。

すると、真里乃に静香はアイドルの追っかけをやっているのだと言われる。

これが秘密かと失笑する紀一郎だったが…

さてさて、次は遂に最終話。

遂に紀一郎が転勤させられる!?

静香とも離婚!?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

  • 最終回が放送されました!