コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

ドラマ「ダメな私に恋してください」第3話感想とストーリー。最上に好意を抱かれるミチコは、騙されている!?

      2017/01/28

ドラマ『ダメな私に恋してください』の第3話が放送されました!

同性としても、深キョンの可愛さに何度も胸キュン♡するこのドラマ。

そしてディーン・フジオカさんいい男っぷりも合って、巷では『癒ししかないドラマ』って言われているみたいですよ!!

今回は、『ダメな私に恋してください』第3話の感想とストーリーをまとめたいと思います。

このドラマを復習したい方は、こちらの記事もぜひ読んでください♡

「ダメ恋」第3話の感想とストーリー

ANURAG1112 / Pixabay

ANURAG1112 / Pixabay

最上大地にデートに誘われ承諾したミチコは、今度こそ失敗したくないと思い、月に向かってお願いする。

そんな様子を、帰宅した黒沢が見ていたが、同時にあるモノも見てしまう。

翌朝、頭から離れない黒沢は、ミチコに「あんな黄色いデカパンツ店先に晒すな!」と注意する(あるモノとは黄色いデカパンツでした♡)。

「見たんですか!?」と驚くミチコ。

ミチコは金曜日にデートに誘われたと黒沢に言うも、いつもの奉仕活動(ミチコお決まりの貢ぎ)だろうと相手にされない。

スポンサーリンク

デートの日、定時に帰ろうとしたミチコは、相変わらず中島に仕事を押し付けられていた。

遅刻をしてしまったが、笑顔で待っている大地。

ウェイターが誤って水をこぼしてしまったのを、一緒になって拭いてあげたり、メニューを間違えて持ってこられても、怒らず(どちらかというと喜んで)食べてるミチコ見ている大地は笑顔になり、「ミチコさんは貢ぎ体質じゃなくて『尽くすタイプ』なんですね!きっと結婚したら、良いお嫁さんになると思います!!」とミチコに伝える。

それを聞いたミチコの頭の中は、大地の言う「お嫁さん」の言葉がリフレインするのであった…♡

食後、大地はミチコに自分も好きな香りだというハンドクリームのプレゼントをしていくれる。

この後もう一軒飲みに行こうと誘われるが、気持ちも(お腹も)キャパオーバーのミチコは、お礼を言って帰ろうとする。

突然帰ると言いだしたミチコにびっくりする大地だったが、ミチコを家まで送ってあげる。

ひまわり(喫茶店)の前でお別れを言っていると、ちょうど黒沢が帰ってきてしまった。

余計なことを言わないか慌てるミチコは、急いで大地を帰宅させる。

大地にいいお嫁さんになると言われたと報告するミチコに、30独身の借金持ち女に奢るんだ?と聞かれ、ミチコ自身もなんでかわからなかった。

そんな様子を影で聞いていた大地だった。

休日、ひまわりのバイトをするミチコ。

閑古鳥がなくひまわりを心配するが、一部ファン(おばさま)が根付いても来ている。

夜試食を作る黒沢に、パンケーキをメニューに入れると若い女性客が増えると話し、楽しそうにメニューを考えるミチコだった。

会社では、本当は中島が作った資料を自分のミスのように営業部の人に注意されていたミチコ。

それを見た門真がなんで本当の事を言わないの?と怒り出す。そして、ミチコを見ているイライラすると言われてしまう。

疲れて帰ってくると、ミチコが考えたパンケーキの試作品を作って待っていた黒沢。

それを見てもあまり喜ばず、肉が食べたいと悪態つくミチコだったが、そのパンケーキの美味しさにすぐに笑顔になる。

会社では若い女子社員の板挟みになっていて、自分が仕事を残業することで回避していると話すミチコに、「30過ぎて自分だけ頑張ってますという仕事の仕方は、サボっているも同じだ。注意するより自分が働く方が楽だから逃げてるだけだ。」と黒沢に言われる。

スポンサーリンク

会社に行くと、大地の良くない噂(手当たり次第女子社員に声をかけている)をしている女子社員もいるが、ミチコは何も知らない。

いつものように中島が門真の愚痴を言っているのを、ミチコは黒沢に言われたことを思い出し、注意する。

門真の見方をしていると泣き出す中島に一生懸命説明するが、注意が下手すぎると門真に言われるミチコだったけど、門真がランチに誘ってくれる。

庶民的な定食屋に連れて行ってくれた門真とは、肉好きという共通点があった。

最上と何かあるのか?と女の勘を使った門真の質問に、何もないと答えながらも女の勘がよくわかっていないミチコだった(女の勘よりも、食い気)。

定時が過ぎても帰らない中島に声をかけると、本気でやっているんだから声かけないでと怒られる。

昼間ミチコが言ったことがどうやら通じたらしく、嬉しい気持ちになる。

ミチコが帰宅すると、春子の店の車が停まっていた。

取引先からキャンセルされたという観葉植物や花が店の中いっぱいにあった。

口では困るよな〜と言いながらも、ちょっと嬉しそうにする黒沢を見るミチコは、本当に黒沢は春子が好きなのだと女の勘でわかる。

土曜はデートがあるから、バイトを休みたいとお願いするミチコに、よく男を見て選べと説教する黒沢だった。

大地と映画館でデートをするミチコ。

大地に、黒沢の存在を疑われるが、否定する。

それを聞いた大地は、ミチコに大好きになっちゃったから結婚前提に付き合って欲しいと言う。

そしてまたミチコの頭の中には、「結婚」の言葉がリフレインするのであった…(続く)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡