コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」第9話の感想とストーリー。主任の幸せを想って、さよならをするミチコ…

      2017/01/28

火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」の第9話が放送されました!

ついに黒沢に自分からプロポーズをしてしまったミチコ。

黒沢の返事は!?

残り2回で、二人はハッピーエンドになれるのかな?

このドラマを振り返りたい方は、こちらの記事も御覧ください♡

「ダメ恋」第9話の感想とストーリー

StockSnap / Pixabay

StockSnap / Pixabay

実家から戻る帰り道、ミチコは黒沢にプロポーズをすると、「断る!いやだよ〜」と言われてしまう。

ちょっと旅の勢いで言ってしまった感が否めないミチコだったが、ちょっぴり(いやかなり)本気だったが、黒沢には全く相手にしてもらえない。

帰りのバスでは、ちょっと気まずいからと言って寝たふりをしながら、黒沢の肩にもたれかかるが、バレている。

喫茶ひまわりに戻ると、みんなが二人を温かく出迎える。

鯉田が作ったピザを喜んで食べるミチコ。

いつもとは違った笑顔を見せる黒沢に気づいたテリーは、その事を黒沢に聞くが何もないと話す。

でも実は、みんなの前でミチコが言った「いつもどんな時でも、表情を変えず店を開ける主任を尊敬し、喫茶ひまわりが好き」という言葉が嬉しかった黒沢だった。

スポンサーリンク

翌日会社に行くと、ミチコの考えた商品”パンツも隠せるハンガー”が、最終選考まで残っていると聞かされ、喜ぶミチコ。

大地もまた、新しいプロジェクトに打ち込んで頑張っていた。

晶にも会って、一連の流れを報告すると、自分からどんどん攻めろと言われ、その気になる。

寄って帰ったミチコは、黒沢に噛み付くがそのままソファで寝てしまう。

晶がひまわりにランチを食べに行く。

ミチコに出会ってから明るくなったよね!と話す晶に、そんなことないと返す黒沢。

これ以上30歳すぎ女を不幸にしない方がいいよ!と注告する晶。

ミチコは、突然プロポーズしたことを反省し、まずは交際から申し出ることを思いつく。

家に帰ってから伝えようとすると、黒沢に春子から電話がかかってきてしまう。

急な用だったようで、春子の元に向かってしまう黒沢を、寂しい気持ちで見つめるミチコ。

急ぎ足で春子の花屋に向かう黒沢だった。

寝ずに心配しながら黒沢を待つミチコだったが、朝方になっても帰ってこない黒沢を思って不安になっていた。

帰ってきた黒沢を見て安堵すると、結婚がしたかったわけではなくて、黒沢の笑顔が好きで、黒沢に恋していただけだけだったと気がつくミチコ。

疲れて帰ってきた黒沢のために、いつも作ってもらっている”元気が出るオムライス”を作ってあげる。

春子の店が、大口の取引先が支払いをせずに夜逃げしてしまったため、資金繰りが困難になり、もしかすると潰れてしまうかもしれないと心配する黒沢だった。

寝ずに会社に言ったせいで、いつもより疲れて帰るミチコにコーヒーを淹れてくれる黒沢。

そこへ春子がやってきて、昨日徹夜で付き合ってくれたことに感謝をするが、疲労がたたってか、倒れてしまう。

春子の看病をする黒沢とミチコ。

ミチコのベッドで寝ている春子を起こせないため、自分のベッドで寝ていいとミチコに伝える黒沢。

春子は寝言で黒沢の兄・一(はじめ)の名を呼ぶと、黒沢は手を握ってあげる。

部屋を出てソファで寝ながら、何かを考えるミチコと、春子の手を握ったまま眠ってしまった黒沢。

翌朝になっても体調がすぐれない春子の代わりに、銀行などのやりくりの対応をする黒沢を見て、春子の店の花を喫茶ひまわりで花を売ることを提案するミチコ。

感謝をする春子と、その表情を温かく見守る黒沢を見つめるミチコ。

スポンサーリンク

喫茶ひまわりで順調に春子の店の花が売れていく。

ミチコは会社で大地のために商品提案(簡易の花瓶と一輪の花のセット)をしてあげ、その花を春子のお店から受注してもらえるようにする。

大地にお礼を言うミチコに、ミチコの企画自体に賛同できたからやっただけだと伝える大地。

春子は改めてミチコにお礼を言う。

一人でちゃんと生きていこうと決めたのに、人に迷惑ばかりかけてしまったと涙する春子に、頼られて嬉しい人もいるから大丈夫だと話してあげる。

大地は黒沢に、ミチコの気持ちに気づいているんだろう?と伝える。

誰にでも優しい黒沢だったが、本当に大切なのは誰なのかはっきりしてあげないのは、ミチコに対して残酷なんじゃないかと諭し、帰っていく。

帰り道、ちょっと言い過ぎたと反省しながら居酒屋で飲む大地は、婚活がうまくいかず、酔っておじさんに愚痴る晶とばったり出会う。

ミチコは今まであったこと、黒沢との思い出を振り返っていた。

そして、自分の荷物をまとめて…

お店に一人でいる黒沢の元に行くと、春子の看病も店のことも感謝していると言われる。

ミチコは黒沢に向かって、これから酷いことを言うと前置きをした上で、今こそ春子に気持ちを伝えるべきなんじゃないかと食ってかかる。

それができなきゃ、ただのグズのダメ男だと明るく話し、コンビニ行ってくると荷物を持って出て行くミチコ。

大荷物で出て行くミチコに気づいて、何かを言い出そうとするが春子が水を飲もうと降りてきて言いかけたことをやめてしまう。

春子を心配する黒沢を目に焼き付け、涙を流しながら出て行くミチコだった。

まとめ。最終話はどうなる?

自分の気持ちを伝えた上で黒沢の幸せを考えて、喫茶ひまわりを出るミチコ。

次回最終回。

ミチコにハッピーエンドは待っているのかな?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡