コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

「はぶらし/女友だち」第3話の感想とストーリー。不可思議な出来事に惑わされる鈴音!

      2017/01/28

NHKBSプレミアムで放送、プレミアムよるドラマ『はぶらし/女友だち』の第3話目が放送されました。

鈴音も自分に起こる不可思議な出来事に、気持ちの悪さを感じ始めました。

また並行して、自身が置かれている立場(独身、不倫中、親の老後の心配など)にも不安になり立ち止まりがちになりました。

どこまでが水絵と再会したことで起こってしまっていることなのか、それとも鈴音の元々の性格が招いてしまっていることなのか…

何か思惑があって鈴音を訪ねてきた事は間違いない水絵ですが、自身もいろんなものを背負って生きている様子が前面に出ています。

今回は『はぶらし/女友だち』の第3話の感想とストーリーについてまとめてみたいと思います。

「はぶらし/女友だち」
第3話『疑惑』感想とストーリー

6f68bb2c78d0899276ac527f7f7d5565_s

先の見えない未来に不安を抱えているのは二人とも一緒

独身・不倫・親の老後の事に不安を覚える鈴音

水絵を迎え入れてから水絵の息子・耕太が近くにいる事で、自分に子どもがいたら…と考える事が多くなって行きます。

また不倫相手の柳井には自分の誕生日よりも、息子のサッカーの試合を優先され、(そうなる事は)わかっていたけれど、これ以上の関係は望めないのだという現実を痛感し始めます。

第3話では、静岡に住む母や夫の転勤で福岡に行く事が決まった妹も出てきて、親の老後の心配までが鈴音の上にのし掛かってきて、気持ち的に身動きが取れない鈴音に共感する人も多買ったのではないでしょうか。

「子どもは自分の全て」と思わなければ生きていけない水絵

水絵もまた見えない不安に覆われていることが、第3話では前面に出ていました。

一度は結婚し子どもができた事で、生活の中心は子どもなのだという覚悟は感じるものの、鈴音のキャリアと比較しては自分の選んできた選択が間違いだったのではないか…と、心のどこかで感じています。

第3話は水絵に対する違和感もありましたが、それよりも、置かれている状況や悩みは違っても、不安とはどんな人の心にも宿るものなんだと、二人の共通点に心が動かされました。

お互いがお互いを羨ましがっていたり、それでも自分の人生を他人と比較し正当化したい気持ちは、少なからず誰でも抱く思いだから、このドラマは本当身近に感じますねー。

スポンサーリンク

第3話ストーリー

おかしな水漏れ…

お風呂のお湯を溜めている間に、ちょっとうたた寝をしてしまった鈴音。

水絵が慌てて部屋に入ってきて、お風呂の水が溢れてきていると伝えにくる。

大惨事にはならなかったものの、下の階の家に水漏れし苦情になってしまった。

「今までは水漏れなんてしたことなかったのに…」という鈴音に、排水のゴミが詰まってしまってたんじゃないかという鈴音。

「鈴音は疲れてるだね」と、管理会社や保険会社への連絡、住人へのフォローの全てを買って出た水絵。

そんな態度を見てありがたみを感じてしまった鈴音は、出て行く約束すら自らうやむやにしてしまう。

カフェにて

友人・美穂子に、寝坊して原稿提出が遅れてしまった事や、水漏れしてしまい全てのフォローを水絵がやってくれている事を伝えると、呆れられてしまう。

結局期日に出て行かなかった事を受けて、全て水絵の思い通りに事が運び過ぎているし、高校時代部活が一緒ってだけで、久しぶりの再会にしては心を許しすぎていると忠告される。

「なんでそんなに水絵を疑うの?」と鈴音が聞くと「ただ胡散臭いだけだよ!」と言う美穂子。

いろんな事が起こりすぎて判断が鈍ってきてますね、鈴音さんは…。

鈴音の家族登場

執筆中、鈴音の母・鏡子から電話がかかってくる。

母のサポートをしてくれていた妹も東京に帰ってしまい、一人では心配だから帰ってきてほしいとお願いされる鈴音。

「仕事が忙しい」と断るも、これからの将来の事を真剣に考えているのか?と心配されてしまう。

妹の菜摘も、鈴音の仕事場にしているマンションを訪ねてくる。

夫の仕事の都合で福岡に行くことになりそうだから、これからは静岡(鈴音の実家)に顔を出すようにしてほしいと言われる。

自分の事だけ一杯一杯な鈴音は、家族の問題も出てきちゃって、表情はどよーん…って感じでした。

耕太が病気になり…鈴音が見つけてしまったものは…

鈴音が家に帰ると、耕太が高熱を出し看病をしていた水絵。

病院に行くお金も保険もないと言う水絵を説得して、救急で病院に連れていく。

点滴の間、二人でお互いの不安に思っている話を共有し合う。

鈴音にとっては、水絵との仲がちょっとは縮まったかに思えていた矢先に…

水絵のバッグにぶつかって中身が出てしまった。慌てて片付けようとする鈴音は、薬を見つける。

その薬は、睡眠薬だった。

鈴音は、数日前に寝坊して締め切り時間に原稿を届けられなかった時の事を思い出し、ワインに睡眠薬を入れられていたんではないかと疑い始める…(つづく)。

スポンサーリンク

まとめ。第4話ってどうなる?

第3話では、本が見つかったと灘が届けてくれましたね。今後、灘はどんな風にドラマに登場してくるのでしょうか。まだぜんっぜんわかりません。笑

水絵を取り巻く人間関係も気になります。

謎の男・曽我が水絵に30万円と言うお金(手切れ金?)を請求してきました。水絵は一体何の仕事をしていて、逃げ出したんでしょうか。

別れた夫・正もまだ登場していませんが、きっと水絵の過去を知る重要人物として今後出演してくるでしょう。

水絵の不安も前面に出ていた第3話でしたが、配水管にゴミを詰めたのって水絵なんじゃないかって思ってしまうのは、私だけかな?

掃除はしないでほしいと言っていた鈴音の部屋を物色したり(鈴音に気づかれているけど)、履歴書に鈴音の家の住所を書いていたり(断りなし)。

第3話まで観ていると、いかにして鈴音の家に居座り続けるかっていう魂胆が垣間見えてくるんだけど、子どもを引き合いに出してくるから自然すぎて、それが余計にゾワっとしちゃうんですよね。

第4話も楽しみにしていたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事:第4話放送されました!

「はぶらし/女友だち」第4話の感想とストーリー。水絵の悪い癖が明らかになっていく!

こちらの記事もぜひ読んでください♡