コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

日曜劇場「家族のカタチ」第6話の感想とストーリー。人に寄り添うがわからない大介の悩み!

      2017/01/28

日曜劇場『家族のカタチ』の第6話が放送されました!

第5話は、葉菜子の離婚理由が明らかになり、それを打ち明けられた大介は、その情報(他人は大介しか知らないという)をどう取り扱っていいかわからない様子で終わりました。

他人を傷つけたくないから、一人でいるんだ!という大介のセリフが第1話(2話だったかな?笑)でありましたが、人とちゃんと向き合うとこに不慣れな大介なりに色々悩んでいる姿が第6話では観て取れました。

今回は『家族のカタチ』第6話の感想とストーリーをまとめたいと思います。

このドラマを復習したい方は、こちらの記事も御覧ください♡

第6話の感想とストーリー

453d7a5ca290114278d5c6151abb50a3_s

葉菜子の離婚理由を知り、動揺する大介

葉菜子からかつて子宮外妊娠をしたことで、自然妊娠できない体になってしまったと打ち明けられた大介は、過去に数々の失礼な発言を思い出していた(お寺での坐禅中、狭窄で叩かれまくる)。

マンションに戻ると、葉菜子とエレベーターで会うがよそよそしくなってしまう。

葉菜子もまた、なんで大介に話したんだろうと思っていた。

律子に誘われ、入江の結婚式の写真を見に大介の家に行くが、どこか落ち着かない様子の大介はジムに行くとその場から離れてしまう。

ジム帰りに葉菜子に呼ばれ、いつものカフェで自分を避けてるよね?と聞かれる。

葉菜子は自分のことを話したことを謝り、気にしないで軽く流してとお願いするが、そういう内容ではなかったし、だったらどうして話したんだ?と困惑する大介だった。

スポンサーリンク

佐々木に春、恵の言葉に悩む浩太。

お見合いパーティーに参加した佐々木は、初めて女性とカップルになる事が出来た。

その女性が若くて綺麗なことから(陽三は喜んであげてが)、入江は話が出来すぎていると疑う。

そんなことに耳を貸さない佐々木は、やっと結婚できると喜んでいた。

浩太は、先日恵に言われた「自分と暮らすか、陽三たちと暮らすか決めていいよ」という言葉に悩んでいた。

葉菜子は仕事に逃げている?

葉菜子は新しいプロジェクト会議で会社に来ていた和弥を呼び、再婚や義母に会うという話はもうしたくないと伝える。

それを莉奈とさとりは隠れて見ていた。

翌日、莉奈の仕事の間違いを見つけ指摘する葉菜子。

「大介さんと食事をしたことを思い出したら…♡」と可愛い言い訳をする莉奈に、プライベートに逃げるなとお説教するが、逆に葉菜子はプライベートで何かあったから仕事に逃げてますよね?と指摘されてしまい、何も言えなくなる。

陽三に励まされる葉菜子

恵は陽三にお金を借りに来る。

陽三には感謝していると口では言うものの、約束は?という話になるとはぐらかし帰ってしまう。

入れ替えに葉菜子が陽三のところにやってくる。

大介となんかあったと勘付いている陽三は、葉菜子を心配し話を聞く。

陽三は「ちゃんとし過ぎようと頑張り過ぎてるんではないか」と葉菜子に話し、それでも大介を信じて相談してくれたことを感謝する。

大介にはサシで飲もうと誘う陽三だったが、相手にしない大介。

弱みを見せてくれた葉菜子から逃げるなと諭す陽三に反発する大介に、「人を傷つけないように人を避けることで、かえって人を傷つけているんじゃないの?」と言われてしまい何も返せなくなる。

スポンサーリンク

時間はかかったけど、大介なりの誠意を見せる

陽三に言われた事も、葉菜子が打ち明けた内容にもどうしていいかわからない大介。

夜中に目を覚ました時浩太に愚痴る大介に、「大介さんは優しい」と言う浩太。

佐々木の身に!!

佐々木とカップルになった女性は、デートの後佐々木に相談があると言ってきた。

どうしてもお金が必要と言われ貸したと聞いた入江は、出会ったばかりなのに完全に詐欺だと疑うが、聞く耳を持たない佐々木。

大介が会社に戻ると、300万の貯金を下ろしそれも貸そうとする佐々木をみんなで必死に止めていたが、大介だけは誰にも迷惑をかけているわけじゃないんだから好きにすればいい、佐々木にも騙される自由はあると言い放つ。

それを聞いて「騙されていない!」と否定する佐々木に、だったらこの場に彼女を読んで紹介しろと話す大介。

今までこんな機会がなかったから(これをチャンスと見て)手放したくなかったと泣きじゃくる佐々木に、入江をはじめみんなが優しくする。

大介の元カノ・美佳の再登場

美佳の働くパン屋に会いに行く大介。

仕事終わりにファミレスで合流し、美佳に今回の葉菜子の相談をする。

すると美佳に今の態度が今一番嫌なことしていると指摘される。

そしてほんのちょっとの覚悟(人と向き合う覚悟)を持った方がいいと明るく諭す。

葉菜子の仕事帰りを待つ和弥は、改めて葉菜子に初めて出会った頃の関係に戻って、自分を見て欲しいとお願いする。

それでダメだったら諦めるからと言われるが、迷う葉菜子だった。

その帰り道、大介がマンションの外で待っていた。

先日打ち明けてくれた話をどう理解したらいいかまだ悩んでいると伝える。

そして自分なりに考え抜くから、またしんどい気持ちになったら自分に言ってこいと葉菜子に伝えると感謝される。

二人の距離がちょっと縮まった瞬間でした!

大介と莉奈が食事していたオーガニックレストラン

WE ARE THE FARM EBISU

朝とれたての新鮮な無農薬野菜を食べられるレストランとして人気があるオーガニックレストランが撮影で使われていました!

恵比寿駅からもほど近い場所で、野菜もビールも美味しいみたいで、口コミも上々でした♡

住所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-10
営業時間:17:30〜24:00
定休日:なし
HP:こちら

まとめ。第7話はどうなる?

よそよそしくなってしまった大介と葉菜子ですが、なんとか打ち解け以前よりもなんでも話せる仲になれて良かった良かった!

それにしても恵の動向は全く読めません。

浩太を連れてどこに行っちゃうの!?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡