コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

『マツコの知らない世界』冬こそアイス!2016年は和風フレーバーがおいしい!?

      2017/01/28

photo-1422246478030-ac94dfdc1dae(Photo by Alex Jones)

はじめましての方、こんにちは。

また来てくださった方、いつもありがとうございます。

2015年12月15日夜21時、TBSで『マツコの知らない世界SP【2015年歳末大感謝2時間SP】が放送されます。

中でも私が注目しているのが、アイスを紹介するコーナー。

子どもの頃よりも大人になってからの方が、なぜだかアイスが好きになっています。

特に冬に食べるアイスって、どの季節よりもおいしい気がするのは私だけ!?ではないでしょう。

街を歩いてても車に乗りながらでも、寒い冬にフラペチーノを飲んでいる人をたくさん見かけませんか?

今回番組で取り上げられる予定なのはこちら。(HP参考

  • 30年以上アイス業界に勝ち残っている「ザ・定番のレジェンドアイス」
  • 高級小豆など厳選材料やカロリー控えめの砂糖を使用したプレミアムアイス!
  • 2015年「濃厚」「和風」に注目した最新トレンドアイス

どんなアイスを紹介されるのかな?と楽しみにしつつ、今年私自身が食べたアイスや今流行っているアイスを番組内容を参考にまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

30年以上みんなに愛されている定番アイス

長く販売されているアイスの中でもみんなが好きなアイス、それは森永製菓の『チョコモナカジャンボ』です。

誰でも一度は食べたことがあるんではないでしょうか。

私も小さいころいちばん食べたアイスだと記憶しています。

森永製菓といえば、大手チョコレートメーカーです。

チョコレートメーカーならではのアイスを開発しようと、板チョコをイメージしたモナカアイスで、皮の内側にチョコレートスプレーをかけて売り出したのが1972年のこと。

パリパリのモナカの皮の開発やアイスのセンターに入っているチョコレートソースからに板チョコを挟むようにしたりと改良を繰り返し今に至るそうです。

確かに!と思ったのは、モナカの山の数。

私が幼少の頃はどうやら12山で仕上がっていたようですが、今は18山に変わっています。

また商品名も、チョコモナカから1980年にチョコモナカデラックスに、1996年に今の商品名であるチョコモナカジャンボに進化しています。

チョコモナカジャンボは海外からの旅行客にも人気があります。

以前ある番組の街角調査で、外国人に日本のアイスの食べ比べをしてもらったところ、チョコモナカジャンボは高評価!

理由は、やわらかなアイスの中にパリパリのチョコレートが入っているという発想と食感が、海外にはないということです。

モナカとアイスとチョコというシンプルな材料の組み合わせですが、日本を誇れるアイスなんですね!

チョコモナカジャンボ公式サイト

厳選材料で作られたプレミアムアイス

このアイスも幼少期の頃から当たり前にあって、でもその頃は大人が食べるイメージがありました。それは、井村屋の『あずきバー』です。

北海道十勝産の小豆をたっぷり使って、独自の製法で炊き上げたあずきバー。

甘さも控えめながら、あの固さが好きで大人になってから本当のおいしさを知りました。

また今年、『ゴールドあずきバー』が発売されていたのを知っていましたか?

定番のモノと何が違うの?かと言うと…。(井村屋公式HP参考

  • 北海道産大納言小豆を丁寧に炊き上げた粒感のあるあずきバーです。
  • 希少糖シロップ(糖質甘味料中20%使用)や白双糖を使用し、スッキリとした甘みに仕上げました。

私も今年『ゴールドあずきバー』を知ってからは、こればかり食べていました。定番のあずきバーに比べて、あずきの粒の食感があり、口に残る甘さも控えめに感じます。あずき本来の味を堪能したい方には、とてもオススメです!!

このゴールドシリーズ、他にも北海道産乳製品を使い、冷凍されているのに柔らかな粒あんを楽しめる『ミルク金時バー』、京都「丸宗」の宇治抹茶を使った『宇治金時バー』も発売されています。

和風フレーバーアイスが2015年冬のトレンド!

上記にも紹介した「あずきバー」を始めとする、和風なアイスは以前より販売されていますが、最近特に人気があるようです。

各アイスメーカーが販売している和風フレーバーアイスをまとめてみました!

☺︎ 井村屋 蜂蜜かりんとうアイス

日本のかりんとうメーカーである「東京カリント株式会社」とのコラボレーションアイス。

細かく砕かれたかりんとうの食感が楽しいアイス。

和菓子好きにはたまらない味。

☺︎ 江崎グリコ アイスの実 抹茶ミルク

以前はいろんなフルーツフレーバーがひとつになっていましたが、今はひとつのフレーバーをたっぷり楽しんでもらえるコンセプトに進化した『アイスの実』。

期間限定で抹茶ミルク味が発売されています。

愛知県西尾産の焙煎石臼挽き抹茶を使用し、しっかりコクのある抹茶の味を堪能できます。

☺︎ メイトー モン・パティシエ宇治抹茶

『ホームランバー』で有名なメイトー。

モン・パティシエシリーズの宇治抹茶は、香りが良い宇治抹茶とホワイトチョコレートのチップが合わさった和洋融合のアイス。

食感も良く最後の一口まで、抹茶の味を楽しむことができます。

☺︎ ハーゲンダッツ ジャポネ<和栗あずき>

セブンイレブン限定で販売されているハーゲンダッツのアイス、『ジャポネ』。

和風フレーバーをここまで流行らせた火付け役と言ってもいいかもしれません。

和栗アイスクリームと、あずきと赤糖の入ったアイスを重ね、濃厚な和栗ソースにちょっと塩味を効かせたこしあんソースを合わせてあります。

和栗とあずき。

合わないわけがない♡

☺︎ 丸永製菓 あいすまんじゅう

『白くま』でも有名、また以前より和風フレーバーを販売していた、丸永製菓。

年中販売され食べることができる『あいすまんじゅう』が2015年の今年、モンドセレクション金賞を受賞しました!

モンドセレクションとは、国際的な品評会であり、これに入賞するということは、世界に認められたも同じことなんです。

また昭和37年(今から53年前!)より販売され続けたことが評価され、第31回食品ヒット大賞で特別賞も受賞しています。

北海道産小豆をバニラアイスで包んだ、まさに「冷たい和菓子」。

秋冬限定で、こちらも和栗味が販売されてまーす!

☺︎ Meiji 辻利抹茶どら焼きアイス

辻利シリーズに、どら焼きが発売されました!

京都の宇治抹茶の老舗「辻利」の抹茶を惜しげもなく使ったアイスに、もっちもちのどら焼き生地と粒感のあるあずきソースが挟んであります。

まとめ

アイスのご案内係は以前も登場したことのある、コンビニアイス評論家のアイスマン福留さん。

1日3コのアイスを食べ続け(でも誰よりもお腹が弱いとか)、「アイスをもっとおいしく。」をコンセプトに、アイスクリームを楽しむ文化を発信し続けてくださっています。

コンビニアイスマニア

きっとみなさん、今アイスが食べたくなっているはず★

冬に暖かいところで食べるアイスは、至福の時間♡

素敵なアイスクリーム・ライフを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!☺︎

Sponsored Link

 - H:気になる話題・人・CM曲