コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

「ナオミとカナコ」第4話の感想とストーリー。ついに計画を実行するのかな!?

      2017/01/28

広末涼子さんと内田有紀さんの話題のドラマ『ナオミとカナコ』の第4話が放送されました!

直美と加奈子の二人の気持ちが、同じ方向に向き、覚悟が決まった第3話。

第4話は、直美が考えた計画を綿密に準備していきます。

思いがけないトラブルもありながらも、ずっと自信なさげだった加奈子の積極的な姿が見えた第4話でした!

ストーリーに夢中になって、高畑淳子さん演じる李社長が当たり前の姿に見えていたこの頃です。笑

感想とストーリー、まとめていきたいと思います。

このドラマを復習したい方は、こちらの記事も御覧ください♡

『ナオミとカナコ』第4話感想とストーリー

733ac55b6e27988b2bfcf36f3059668b_s

決意した二人に待っていたトラブルの連続!

富士の樹海で穴を掘り、戻ってきた直美と加奈子(ガソリン満タンに入れた…?)。

車を返した帰り道、池袋の街は警察沙汰になっていた。

何があったのか尋ねてみると、不法滞在を摘発していてたくさんの外国人たちが連れて行かれたという。

二人は林の事が心配になり電話をしてみるも、繋がらない。

加奈子は林の元へ、直美は李社長の元へ急いで行く。

何事もなかったかのように李社長に車を借りたお礼を言う直美に、「小田さん(直美)が保証人になってくれたアパートの不動産屋は、林がパスポート持っていない事に気づいてしまったかもしれない」と教えてくれる。

加奈子は林のアパートに着くとドアをノックして林を呼ぶ。

出てこないからいないかと思い、連絡先を書いたメモをドアに挟み帰ろうとすると、林が中から怖がった様子で顔を出した。

林さんが無事だったことでちょっと安堵した加奈子に直美から電話が入り、その場を早く去るように伝える。

直美と合流した加奈子と林。

もう職場にも家にも戻らないで、ここ(直美が用意したホテル)で隠れているように、すぐに中国に帰れるようにするからと林に伝える直美。

このまま林さんが捕まりでもしたら、達郎の替え玉がいなくなり全ての計画が無効になると心配する二人だったが、まだ完璧な準備ができていない中で実行するのは危険だと直美は判断する。

二人の計画は以下の通り。

  • 月曜に達郎は大阪に出張。その日までに必要なものを揃えてリハーサルをする。
  • 金曜日に決行。土日(達郎の公休日)を挟むことで、銀行への発覚までの猶予を作り、その間に林を中国に帰国させる。

二人決行日を決め、決意を固める。

スポンサーリンク

計画実行6日前

二人はどのように計画を実行しようか話し合った結果、金曜の夜はいつも支店長と飲んで帰ってくるから、酔って寝入ったところにしようと決める。

運ぶためのスーツケースを用意しようと、自分の勤める百貨店で客注だと嘘をつき探す直美だったが、思った通りの大きさが見つからない。

すると後輩の手塚が通りかかり、ゴルフ用のトラベルバッグはどうかと提案して、それに決める。

加奈子はキャンプ用品のサイトを見て物色していた。

すると知らない間に達郎が背後に立っていて、驚く。

何をしていたのか尋ねられ、学生時代の時のように直美とキャンプに行きたいという話で盛り上がり見ていただけだと嘘をつく。

計画実行4日前

加奈子が林が滞在するホテルに出向き、土曜日に中国に帰ってもらうことになると伝えた。

達郎のサインの練習をたくさんしたと笑顔で見せる林(すっごく上手になってる!!)。

もう一つやってもらいたい事として、服部達郎に成りすまし、銀行のATMからお金をおろしてほしいとお願いする。

木曜日に一緒にスーツを買いに行こうと約束する。

直美は加奈子のマンションにトラベルバッグを持って行き、二人で大きさを確かめる。

加奈子は派手な色味のロープを用意し、直美に派手だねと笑われる。

達郎の帰宅時間などを確認し、深夜25時30頃実行しようと決め、細かな所要時間や防犯カメラの場所・保管期間など全てのリハーサルをしてみる。

計画実行3日前

李社長のところに仕事の話をしに行く直美。

すると先日車を借りた時にトランクに忘れていったスコップを、李社長から渡され動揺する。

「ドライブ行ッテ穴ヲ掘ッタノ事デスカ?」と聞かれ、山菜を採ったのだと嘘をつく直美を何も言わずに直美を見つめる李社長だった。

計画実行前日

林と一緒にスーツを見に行き、達郎が持っているのと似たスーツを選び林に試着させる加奈子。

明日身なりは整えてあげると約束する。

林がお腹を空かし、加奈子と一緒に行きたいお店があると言う。

それは街の小さな中華料理店で、林が初めて来日した日に食べたお店だった。

「今日が日本で誰かと食べる最後の食事」だと話す林。

加奈子と食べる料理はとても美味しいという林の言葉に、胸がいっぱいになる加奈子だった。

直美は斎藤の家の前で達郎と待ち合わせをする。

達郎が所用を済ませているうちに、直美は斎藤のネットバンキングにアクセスし残高を確認させてもらえるようにし、斎藤が入金した1,000万円を加奈子の口座に移し替える。

入力したパスワードが間違っていて一瞬焦った直美だったが、運良く斉藤にゴミ捨てを依頼された達郎の目を免れ、振込みが完了できた。

投信の話をしようと思っていた達郎はパソコンを閉じてしまった直美に戸惑うも、直接話してほしいと言われ、その通りにする。

斎藤の家を出てから、他にも資産運用のことで相談にのってほしいから明日ランチをしながらはどうかと提案すると、喜ぶ達郎。

その後直美と加奈子は待ち合わせをし、後戻りはできないと二人覚悟を決める。

スポンサーリンク

計画実行当日

直美は出勤し、同じ頃、加奈子は達郎を送り出す。

出社すると、陽子が来ていてこれから一緒に京都に行ってほしいとお願いされる。

予定が詰まっていて無理だと伝えるも、取引する陶芸作家(マユズミ様?)を説得するには、直美の力が必要だと陽子に懇願され行くことになってしまう。

林の滞在するホテルで、身なりを整えてあげている加奈子に直美から京都に行くことになってしまったという連絡が入る。

斎藤の口座からお金を移してしまった以上、後戻りはできなくなっている状況の中、加奈子が直美の代わりに達郎とランチをするから、その間に林にお金を引き出させると提案する。

達郎が待つレストランに向かう加奈子。

直美が急な出張で来られなくなったと伝えると怒り出すが、無理にお願いをし(周りの客にわかるように。外面の良い達郎が本性を出せなくなるように。)一緒にランチができるようにする。

平日の昼間に主婦たちが外食しているのが許せない達郎は、不満ばかりを口にする。

それを聞いた加奈子は、主婦だって夫と一緒に頑張っているのではないかと優しい口調で反論する。

その加奈子の態度にまた腹を立て、忙しいのに何が楽しくてお前と食事をしなきゃいけないんだと言い放つ達郎の言葉に怒りを覚えたが、林が言ってくれた「白井さん(加奈子のこと)と一緒に食べるご飯は美味しい」という言葉を思い出し、堪える。

その頃銀行のATMでは、林がお金を引き出すのに手間取っていた。ランチ時で待つ人の列ができていたこともあり、焦る林。

暗証番号を間違ってしまい、さらに焦った林は、利き手の左で再入力をしてしまう…

達郎と別れ、林と約束した日比谷公園に向かう加奈子。

林を探すと、大金を持っているから怖かったと木陰から出てくる(ちょっとかわいい…笑)。

直美は陽子と京都市街を走るタクシーの中にいた。

加奈子からの電話を受け、林が無事にお金を引き出せたことを知らせらる。

陽子に気づかれないように、顧客からの電話のように見せかけてその場をしのぐ。

仕事の話が進み、食事をしながらさらに詳しい話をしなければいけなくなり焦る直美。

トイレに行くとその場を離れ、京都発東京行きの最終新幹線を調べると、後二時間しか時間が残されていなかった。

その頃、加奈子は林が使う達郎名義のエアラインのチケットを予約し、必要な道具を車に積み込み準備を着々と進めていた。

陽子は、もう一軒行こうと黛先生を誘うが、翌日から海外に行くのでは?と横串を指す直美に、またの機会にしようと言われ、直美としてはひとつ難を逃れた(共同企画の取引は成功)。

黛先生を見送った後、陽子は直美にそんなに時間が気になるのか?と聞く(ずっと時間ばかりチェックしていた直美を見逃してはいなかった)。

急ぎの用事があるという直美に、今日はホテルを予約しているし、部長にも許可をもらっていると言う陽子。

昼間タクシーの中で受けた電話の相手が加奈子だと気づいていた陽子は(こわっ!)、加奈子と用事があるのか?と尋ねるが、直美は答えず来たタクシーに乗り込み京都駅まで急いで行った。

駐車場から部屋に戻るエレベーターの中で、管理人に会い大きなバッグだねと声をかけられる加奈子は、最近ゴルフを始めたのだと伝える。

全ての準備を整えた加奈子は、直美からの連絡を待つ。

直美は無事最終新幹線に乗れ、東京に着いていた。

加奈子に会うと、達郎に殴られた痕があったが「今日が最後だから」という加奈子は笑顔だった。

二人は達郎が眠る寝室に入り、計画を実行し始める…が…(続く)。

まとめ。第5話どうなる?

なになになになに、あの達郎の留守電に残したメッセージは?

何かを感じた?

それとも、支店長に頼まれた仕事のこと?

直美と加奈子の計画、そして準備段階にも、運や偶然が二人を助けているけれど、達郎の姉・陽子から電話がかかってくるところも、何かの運なのか必然なのか(陽子にとったら、虫の知らせ?)。

やっと中盤。これからも目が離せませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございまいした♡

NHK・BSプレミアムよるドラマ『はぶらし/女友だち』も相当面白いですよ!!