コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

大根料理の人気メニュー8選!

      2017/01/29

大根は冬が旬です。

1本買ってくれば、いろんな調理でおいしくすることができる、万能な野菜の代表選手です。

今回は、大根料理のおすすめレシピ・献立(メニュー)をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

大根は冬が旬!美味しい食べ方8通り!

煮物

大根を使った煮物は、みんなが大好きなメニューですね!

豚肉の脂が大根によく染み込んだ豚バラ大根を作るときは、あえて大根を小さめにカットし、汁を少なめにフライパンで煮込むと、手早く味が染み込んでくれて、時短でお料理したいときによく調理しています。

手羽先(手羽元でも)を使った煮物の時は、朝から煮込んだりして、ちょっと手間をかけて作っています。

牛肉も美味しいですし、イカと大根の組み合わせも大好きです。

ぶり大根

私が一番大好きな大根料理、それはぶり大根です!!

ぶりも大根も冬が旬の食材なだけに、寒い季節になると家でも外でも食べたくなります。

鯖(サバ)の水煮缶で作っても、おいしくできますよ!

ちょっと脂がのったブリの場合、味噌とコチュジャンを足してちょっとピリ辛に韓国風にしても、ごはんが進んで止まりません!

おでん

おでんの大根って、嫌いな人がいるんでしょうか。

コンビニのおでんを買うときも、絶対に大根は買っちゃいますよね!

お夕飯はおでんを作る!と決めたら、あらかじめ米のとぎ汁で下ゆでし、火入れを何度かして味を染み込ませるために、大根だけは午前中から準備を始めます!

それくらいおでんの大根に味が染みることに、集中していますよ!笑

サラダ

母がよく作ってくれたメニューの中には、大根とホタテの缶詰ときゅうりをマヨネーズで和えた大根サラダがあって、とっても大好きでした!

ホタテの缶詰の残った汁を、マヨネーズと一緒にサラダに入れるのが美味しさのヒミツです。

捨てないでくださいね!

ステーキ

生の大根を3cmくらいの暑さに切って、フライパンに薄く油を入れて大根を並べます。

極弱火で片面ずつ15〜20分近くじっくり焼き上げることで、大根の水分がぎゅっと閉じ込められてめちゃくちゃ甘みを感じられるんです。

味付けはバター醤油や柚子胡椒などがおすすめです!

旬ではなくても大根は手に入るので、よく調理するメニューのひとつです。

でも甘みはやっぱり旬の冬がいちばん感じられます!

素揚げ

乱切りにした大根に片栗粉をまぶして油で揚げるだけの、大根の素揚げ。

お塩とレモンをかけて食べると、ホクホクして大根1本分食べてしまうんではないか!?ってくらいお気に入りのメニューです。

お酒のおつまみにもぴったりです!

スポンサーリンク

大根もち

台湾で食べて美味しいなぁと思った大根もち。

元々は中国広東地方の郷土料理だったとか。

モチモチとした食感と野菜でできている!と思うといくつでも食べられてしまう怖さ。笑

酢醤油、もしくは酢とラー油で食べるのがお気に入りです!

漬物・キムチ(カクテキ)

lydiana / Pixabay

大根の浅漬けもぬか漬けもたくわんも、そしてカクテキも、大根の漬物関係は全部好き!

薄切りした大根に塩を振っただけの『なみだだいこん』は、最近教えてもらったシンプルメニューですが、これがとっても美味しいんですよ!

おかずにはなり得ないかもしれませんが、お漬ものやサラダがなくてちょっと寂しいとき、ぜひ出してあげてください。

まとめ

大根は淡白な味わいなだけに、どんなお料理にでも変身することができる優秀なお料理です!

葉付きで購入して、葉っぱの部分はごま油で炒めて食べても、甘辛くしてふりかけにしてもおいしく食べれます。

捨てるところがない野菜なんですよね!

今年の冬は、たくさん大根料理を楽しんでみてくださいね!!

Sponsored Link

 - L:食材・料理関連