コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

クリぼっちを楽しく過ごす5つの方法

      2017/01/28

2016a79b148544f16f21447e9118b23bb726_s

いつもは、家族や恋人、友人たちと過ごすクリスマスイヴ。

でもどうやら今年はひとりで過ごす事になりそうだ……

年末の押し迫った時期だから、忙しい人だって多いはず。

ひとりで過ごすことだってきっとあるでしょう。

ぬくもりを感じるクリスマス。

ひとりだから寂しく過ごすって決めてしまうのは、とってももったいない!

『クリスマスイヴをひとりでも楽しく過ごす方法』を私なりにまとめてみました。

スポンサーリンク

1.上映している映画を片っ端から観る

7d996544022db3cbff4c6c4d6b700a86_s

「家でDVDでも観ようかな…」

まあそれも良いけど、せっかくなら映画館に出かけようよ!

ラブストーリー、アクション系、話題作、アニメ、普段は絶対選ばないような作品……シネコンに行けば、10作品近くはあるので、好きなものをいくつかピックアップしてみて。

ポップコーンやコーヒーも買って準備ができたら、いちばんよく観える席を確保しよう!

2.チキンを買って、2人分は食べる!

9604f34c862cee84e9844fa1a35a73ba_s

やっぱりクリスマスはチキン料理でしょ!

ローストチキンやフライドチキン……という定番のチキン料理もいいけれど、

ちょっと趣向を変えた、海外のチキン料理っていうのもいいかもしれない。

韓国料理なら、体がとっても温まる参鶏湯。

タイ料理なら、ごはんの上に鶏肉とパクチーをたっぷりのせた、カオマンガイ。

あー、忘れてた!和食で焼き鳥もありかな。

いろんな種類のチキン料理を食べ比べするのも楽しいかも。

いつもは、張り切って準備するって人も、今日だけは何もしないで、誰かが作った味を堪能しよう。

3.自分にプレゼントを買う

4731388c430ea6f9ef42a74765bbaaff_s

いつもがんばっている自分に、ご褒美。

あれ、先週も自分にプレゼント買ったな・・・なんて人も。笑

クリスマスだから、特別自分に甘くなりましょう♡

いつも身につけていて、肌に一番近いもの。靴下。下着。ルームウエアなんていかがですか。

私のオススメはKID BLUEのモノ。

普段は買わないようなデザインでも良いし、肌馴染みが良い優しい素材のものでも良い。

ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね♡

4.外に出て、集中して運動してみる

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s

少し寒いけど、30分でも1時間でも自分に集中して、運動をしてみる。

汗をかくことは、ストレス物質を体の外に出してくれる効果もあるみたい。

おすすめは、ウォーキング。

毎日忙しく過ごす人ほど、歩くだけで頭の中が整理されるから、試してほしい。

5.いつも行くコーヒーショップで小さな奇跡を起こす

5a4a6af63b5964ae9fe075de008e9f7c_s

自分のコーヒーを購入する時、誰かを想って、もう一杯分の支払いをしておく。

それをコーヒーを飲みたくても購入できない人へ、無償で提供するコーヒー代に当ててもらう。

これは、サスペンデッド・コーヒー(Suspended coffee:保留コーヒー)と言って、近年界的に広がりつつある活動です。もともとは、イタリア・ミラノのカフェから始まったもので、19世紀にはあった仕組みというから、歴史は古いですね。ミラノの人からしたら活動なんて大きな声でいうものではなく、もう当たり前にある日常的なことなんだと思います。

日本では活動としては限られたカフェで実施しているようです。

こんなお話もあります。

数年前アメリカのとある街のスターバックスで実際にあったお話を紹介します。

馴染みのコーヒーショップ。その店のドライブスルーを利用するあるお客さま。自分の分のコーヒーを購入した時に、店員にこう告げました。

客A:「後ろの車の人のコーヒー代を支払って行くよ!」

店員は最初、知り合いなのかな?と思いました。でもどうやらそうではなく見ず知らずの人のようです。

店員:「前のお客さまから、代金は頂いています。」

客B:「!」
   「それならわたしも次の人の分を支払うわ!!」

今日初めてバックミラー越しで見た人のコーヒーを支払うというこのやり取りが、なんと10時間以上も続いたというのです。

当時、アメリカではニュースにもなりました。

最初に始めた人は、まさかこんなに続くとは思っていなかったのではないでしょう。

また、お客さんの思いを伝え続けた店員さんたちは、心からワクワクする仕事ができたのではないでしょうか。

この『誰かの1日にサプライズとハッピーをもたらし、笑顔にする』発想こそ、クリスマスイヴにぴったりの、小さな奇跡だと思うのです。

クリスマスシーズンになると、人はちょっと奇跡が起きるのではないかと夢見ます。

ひとりで過ごすクリスマスイヴ。

だれかのための”サンタクロース”になるっていうのも、幸せなことかもしれません♡

ぜひ、あなただけの人生で最も幸せなクリスマスを、お過ごしください。

 

Sponsored Link

 - 12月の行事, D:冬, クリスマス