コーヒーを飲みながら読むブログ

興味があることを記事にしています。コーヒーでも飲みながら、気軽に読んでくださいね★

*

フジテレビドラマ「僕のヤバイ妻」キャストと見どころ&第1話の感想とストーリー

      2017/01/28

2016年4月期放送ドラマで一番楽しみにしているのが、フジテレビで放送する『僕のヤバイ妻』です!

1月期にも幾つかのサスペンスドラマが放送され、夢中になって観ていました!

 『僕のヤバイ妻』は完全オリジナル作品。予告を観た時から、惹かれていたこのドラマの基本情報やキャスト、見どころをまとめてみようと思います!

「僕のヤバイ妻」の基本情報とあらすじ

基本情報

bb98b86b56e4cf4c00b52fb756db2c73_s

  • ドラマ名:僕のヤバイ妻
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送開始日:2016年4月19日(火)初回21:00から2時間スペシャル放送
    (2話目以降22:00〜)
  • 脚本:黒岩勉(ストロベリーナイト、ようこそ、我が家へ他)
  • 演出:三宅喜重(ブスの瞳に恋してる、37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~他)、国本雅広(夢をかなえるゾウ、僕とスターの99日他)
  • プロデューサー:豊福陽子(美しい隣人、素敵な選TAXI他)、千葉行利(アイシテル~海容かいよう~、エンジェル・ハート他)、宮川晶
  • 音楽:横山克(映画ちはやふる〜上の句・下の句〜、スペシャリスト他)
  • 主題歌:安室奈美恵「Mint」

スポンサーリンク

あらすじ

”ヤバイ妻”というドラマ名というところから、奥さんが何かしらしでかしちゃうような人ということはわかるのですが、一体どんなストーリーなのでしょう…

以下、ホームページより参照しています。

家庭生活の息苦しさに耐えきれず、妻をあやめようと決意した夫。
しかし、帰宅すると妻は何者かに誘拐されていた。
想定外の妻の誘拐事件に翻弄され、追い詰められる夫。

自分が気づいていなかった妻の愛情を知った夫は改心する。お金より何より、妻に無事に帰ってきてほしい…。
しかし、彼は何もわかっていなかった。事件の真相も、妻の本当の姿も。

やがて誘拐騒動は周囲の人間をも巻き込み、思いもよらぬ方向へと展開。
浮かび上がってきたのは、清楚で貞淑だった妻の恐ろしい正体。
誰も信じられず、逃げようとしても絡めとられ、
追い詰められながら、夫は考える。
なぜ妻はここまで自分を苦しめるのか? 妻の真の目的は何なのか?

そして、ついに明らかになる真相。
その時、夫が下す決断とは? この夫婦が迎える結末とは?

登場人物とキャスト

  • 望月幸平役:伊藤英明さん
    資産家の令嬢と結婚をし、順風満帆な生活を送っているかのように思われるが、妻との中は冷え切っていて、絶賛不倫中。カフェを経営している。
  • 望月真理亜役:木村佳乃さん
    幸平の妻。令嬢育ちらしく大人しく優しい人柄に見えるが、実は隠された本性を持つ。
  • 北里杏南役:相武紗季さん
    幸平の経営するカフェで料理長を担当。元々は理系大学を首席で卒業し、真理亜の父の会社で研究者として就職したが、カフェのメニュー開発を通じて不倫関係に。幼少期、恵まれない環境で育ったせいで、お金への執着が人一倍あり、幸平を惑わしていく。
  • 鯨井有希役:キムラ緑子さん
    幸平たちが住む家の向かいに住んでいる。人の不幸を探すのが好き。
  • 木暮久雄役:佐々木蔵之介さん
    バーのマスター。謎が多い。
  • 鯨井和樹役:高橋一生さん
    有希の年下の夫。人前では幸せそうにしているが、この夫婦には誰にも言っていない秘密がある。
  • 相馬誠一郎役:佐藤隆太さん
    警視庁捜査一課刑事。ある事件をきっかけに幸平に近づき、真相を追求していく。
  • 横路正道役:宮迫博之さん
    幸平の元義兄で元刑事。今は探偵をやっている。
  • 矢吹豊役:浅香航大さん
    捜査一課刑事で、相馬の部下。

『僕のヤバイ妻』各回の感想とストーリー

Episode1の感想とストーリー

今回の注目アイテムは赤ワイン!

望月幸平は毎日完璧な朝を迎えていた。それは妻・真理亜が完璧な出勤準備と完璧な朝食を作ってくれていたからだ。でもそんな生活に息苦しさを感じていた。

歯磨き粉をぽんって投げたり、靴を出しっぱなしにするのも許されない、生活感の全く感じられないのは息苦しいだろうに…

向かいに住む鯨井夫婦のラブラブぶりを見せつけられ、真理亜の頬にキスをするが、すぐに口を拭く幸平だった。

ひどい…けど、蕁麻疹が出てしまうくらい拒否している夫婦関係って寂しいっす…

幸平はカフェ経営している。コーヒー豆も自身で焙煎をするこだわり。いつもお洒落な服装で店頭に立ち、店員たちからは憧れられていた。

幸平のカフェで働くアルバイト君の一人は、ヒロミ&伊代夫妻の息子さんですね。

まっすぐ家には帰らず、杏南の家に立ち寄る幸平。

順風満帆に見えた経営も、実は融資を断られてしまうほどの経営難に陥っていた。実家が金持ちの真理亜に頼むも思った返事をもらえずイライラする幸平に、アドキシン(劇毒薬)を手渡す杏南。お店を守るために、覚悟を決めろと幸平を誘惑する。

ワインを買い、薬を入れ深夜0時を回った頃、家路に着く幸平。家に入ろうとした時、外に一台の黒い車が止まっていて、視線を向けるとその車は発車した。

眞島秀和さん、かっこいいですよね〜♡

家に入ると、真理亜の姿はなかった。必死で家中を探す幸平だったが、リビングテーブルから脅迫状と思われるカードが残されていた。

望月家に誘拐専門の刑事がやってくる(水トラブル専門に化けて)。担当刑事は、相馬誠一郎。どんな些細なことでもいいから、話して欲しいと幸平に言うと、ネイルを変えたと言っていたと伝える。

『ナオミとカナコ』でDV夫と中国人というダブル出演を見せた佐藤隆太さんですが、今度は勘の良い刑事役ですね!今までやってきた、3枚目や誠実な役から個性的な役の活躍、このドラマも楽しみですね!

薬を入れたワインも捜査に回されそうで一瞬焦りを感じた幸平だったが、無事(相馬は疑いの眼差しだったけど)に返してもらえる。相馬は幸平に閉店後のアリバイ確認をした際、真理亜がいなくなったことがまるで他人事のような反応を取ったとこを見逃していなかった。

シャワーを浴びた幸平は、真理亜に見張られていない久しぶりの開放感を楽しんでいた。翌朝、相馬が起こしに来て、酒を飲んで寝たことを「眠れなかったから」と嘘をつく。

刑事たちと話をしていると、向かいに住む鯨井夫婦が間違えて届いてしまった郵便を届けにやってきた。その手紙の差出人は、メッセージを残したのと同じく”N31”と書かれていた。慎重に開封すると、そこへは次のメッセージと血痕と真理亜の爪が入っていた。

爪が落ちてきた時、ちょっとゾッとしましたぁ…。

公開捜査が決まる。自分の手を汚さずに完結できると、内心喜ぶ幸平だったが、相馬や周囲にはバレないように演技を通す。相馬は険しい表情で、幸平の車も調べるよう命令をしていたところに、部下の矢吹がやってくる。

真理亜が社長令嬢で莫大な資金を持っていたこと、幸平がその資金を使って家を建てたりカフェの経営をしていたこと、最近金に困っていたことがわかり、相馬の疑いが幸平に向かっていく。

幸平って最初からお金目当てで真理亜と結婚したんでしょうかね…。そんな金銭感覚を匂わせるシーンでした。

幸平は警察に呼ばれ、幸平のものらしいランニングシューズの跡が家の中から見つかったと言われ疑われていることを知る。すぐに家に戻り靴箱を確認するが、ランニングシューズはなかった。誰かが自分を犯人にしようとしているのかと不安になる。そんな時、杏南から電話がかかってくる。テレビで鯨井夫人がインタビューを受けていて、真理亜が夫の浮気を疑っていたと話していた。

ワインはすぐに廃棄するように言われた幸平は慌てて風呂場に捨て、報道陣の目から逃れるように裏口から出て行く。

なんかすっごい大事になっちゃったねー。

幸平は元義兄の横路の元を訪れ、助けを求める。元刑事をやっていた横路は一番の容疑者になっていることを幸平に教える。助かる道は、本当の犯人を見つけるしかないと話す。外にはあの夜家の前に停まっていた車に乗っていた男がいた。

その男の名前は緒方彰吾、真理亜の美大時代の後輩だった。真理亜が幸平の浮気に気がついていてその相談に乗っていただけだと話す。そして自分で勝手に幸平を追っていたのだと話す。

スポンサーリンク

幸平、真理亜の愛を感じ心を入れ替えるが…

そこへ実家に住む姉・香織の娘の楓から「真理亜に預かっているものがある」と電話がかかってくる。幸平の知らないところで、幸平の実家に通い良くしてくれていたことを香織に聞かされ、驚く幸平は、罪悪感に苛まれる。そこへ楓がやってきて、「幸平よりも先に自分が他界したら渡してほしい」と頼まれた鍵を渡す。

鍵を使って見つけた引き出しには、美味しいと言ってくれた料理のレシピノートが入っていた。それを見て、結婚した当初を思い出し涙ぐむ幸平だった。

警察がやってきて重要参考人として同行されそうになった時、N31から速達が届く。

送ってきたDVDには、うめき声をあげ苦しむ真理亜の姿が映っていた。その後、身代金の依頼が映し出され、幸平一人で持ってくるように指示されていた。

幸平は家の外にいる報道陣に向かって、真理亜がまだ生きていることを訴えた。

レシピノートを見てから、自分が真理亜を(いや真理亜が幸平を)愛していたことに気がつき、最初の人柄とは全く違う行動に出始めましたね。素直というか、影響されやすいというか…一体どっちなんでしょう…

約束の場所に身代金を持っていくと、ゴミ箱の中や野球場…と次々と目覚まし時計のアラーム音とそれについたメモの指示に従い続ける幸平。多摩川のキャンプ場に着くと今度はドローンが幸平の近くに飛んできて、お金をドローンのネットに入れる指示を受ける。発信器を一緒につけたドローンは飛んでいき、それを見届ける。警察がそのドローンを追うと、ゴミ袋の中は別物にすり替えられていた。幸平の仕業だった。

えっ、一体何のためにそんなことをしたんでしょう。ドローンを使ったドラマって、私、はじめて観ました!!

お金の入った袋をすり替えたことは警察には言わないという指示に従った幸平を、改めて疑い始める相馬は怒りをあらわにする。

うわ、この表情、達郎の起こった時と同じ!!!!!!

スーパーの駐車場に幸平がいたのを(ワインに薬を入れていた時)目撃した人が情報提供してきた。杏南との不倫も相馬に抑えられてしまい、逃げ場のない幸平は相馬に頼み込んで警察への連行を待ってもらう。杏南もまた、どこかに隠れようと家を出たところに報道陣に捕まり、そこへ来た警察に連行されようとしていた。

まとめ。

(あー、ドラマの冒頭シーンはここにつながるんですね。)相馬に助けられ、一命を取り留める。そして、真理亜が見つかったと告げられ、大泣きをする幸平だった。

佐々木蔵之介さん演じるバーのマスターと、真理亜の関係は一体なんなんでしょう!タンカーで運ばれながら、真理亜の微笑みも気味が悪かったですが、第1話から2時間スペシャルは見どころいっぱいで、2話以降が楽しみになりました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡